人気のリスト作成ツールを使いたい方は要チェック!

リスト作成ツールのリスト活用方法

    

リストツールの活用方法まだリスト作成ツールを導入されていない方の中には、リスト作成ツールで作ったリストをどう活用していいのか分からない、という人もおられるでしょう。
もちろん、リスト作成ツールで作ったリストは、その目的に合わせて様々な活用方法があるのですが、例えば、飲食店で自社の扱っている食材を購入して欲しい、そのための営業をしたい、という状況だとしましょう。
リスト作成ツールを利用していないとすると、どうやって営業をするでしょうか。
電話帳やiタウンページなどからこつこつと入力したり、コピー&ペーストをしたりしてリストを作成していたのではないでしょうか。
それではリストを作成するだけでも膨大な時間がかかってしまいますし、そもそも掲載されている情報も、お店の名前と住所、電話番号ぐらいで、繁盛しているのかどうか、そのお店に将来性があるのかどうかなど、有益な情報もほとんどありません。
ですが、リスト作成ツールを用いたリストなら、例えば「ぐるなび」に掲載されている東京の飲食店、5つ以上の支店がある飲食店、などの条件で絞り込む事も出来ます。

リスト作成ツール活用方法

リスト作成ツールを用いて作ったリストの場合、電話帳だけを調べたものよりも、とても豊富な情報を得る事が出来るのです。
それは、インターネット上の情報を検索、抽出してリストを作成してくれるからなのですよ。
だから、FAX番号を調べてFAXを送る事も出来ますし、ある業種の全国の企業リストを作成する、といった気の遠くなるような作業もすぐに行う事が出来るのです。

リスト作成ツールを用いれば、このような様々な観点から役立つリストを簡単に作る事が出来ます。
新規顧客を開拓する際には、まず営業をかける先のリストが必要になりますが、ただ闇雲に電話帳に載っている順番に電話をかけても、あまりにも効率が悪過ぎます。
ですが、リスト作成ツールのリストで、購買力のある顧客や成長している顧客を見極める事が出来れば、効率よく無駄のない営業をすることが可能になるのです。
例えば、求人を行っている企業と求人を行っていない企業の場合、求人を行っている企業の方に成長力があるのではないでしょうか。
そういった情報から、営業すべき相手を見極め、効率の良い営業をする事が出来る、それが、リスト作成ツールのリスト活用方法の一つなのです。

エクセルファイルに出力も可能

リスト作成ツールで作成したリストは、エクセルファイルなどに出力することも可能です。
そのエクセルファイルとワードの差し込み印刷機能を使えば、宛名ラベルにすべての会社の宛先を印字することも可能ですし、メールアドレスを管理する事も出来ます。
また、リストに応じて並べ替えたり、必要なところだけを抽出したりするなどの作業も自分で簡単に行う事が出来ます。
エクセルの使用に慣れている人なら、リスト作成ツールで作成したリストは、様々な利用の仕方を考えつくでしょう。

収集した情報の分析や管理も、リスト作成ツールで作成したリストの活用方法になります。
抽出したデータをある特定の情報だけに絞って集めたり、数値の順にソートしたりする事で情報の管理、分析を行う事が出来ます。
これによって、ここにきて急成長してきた会社なのか、以前から着実に業績を伸ばしている会社なのか、売り上げが落ちていたとしても、その原因は一時的なものなのか、本当に不振に陥っているのか、といった分析を行う事が出来るのです。
それによって、こちらも営業をするべきか、見送るべきか、営業をするならどういった方面から攻めるべきか、といった分析を行う事が出来ます。これも、ただ電話帳を見ているだけでは出来ない事です。これも、リスト作成ツールで作成したリストの上手な活用方法の一つです。リスト作成ツールについてもっと情報を集め、より良いリストの活用法を学んでいただければ効果的な営業に役立ちます。

 

ランキングはこちら